>トピックス>貸倉庫は用途に合わせて適切な物を選ぼう!

貸倉庫は幅広く使える

貸倉庫は食品などを扱う物流業者から個人での雑貨やアパレル商品を扱う人など多くの用途に合わせて活用することができます。ここでは貸倉庫を利用する時の選び方のポイントなどを見てみましょう。

貸倉庫を利用する際の必要書類

  • 賃貸借契約書
  • 口座振替依頼書
  • 保証契約書

貸倉庫の選び方のポイント

倉庫

保管環境が最適かどうか

引越しやリフォームなどで長期での保管が必要になる場合は、保管環境を重視して選びましょう。ポイントとしては除湿や防カビ対策のある貸倉庫なのかをチェックすることが大事です。長期での保存の場合は衣類がカビたり、家具や家電が錆びてしまうこともあります。いざ取り出す際にそういったことのないよいうに保管環境を必ず確認しましょう。

運搬サービスの有無

車などを持っていない人は運搬サービスが利用できるかどうかも確認しておきましょう。運搬サービスを利用すれば荷物の出し入れなどもサポートしてくれる場合もあります。人手がない女性の方などにとっては役に立つサービスとなります。

サイズと料金

貸倉庫には様々なサイズがあるので、保管する物の量やスペースに合ったものを選びましょう。その場合、一律の料金ではなく、サイズごとに料金が異なる貸倉庫を選択するようにしましょう。そうすれば用途に合ったサイズでコスト的にもお得にすることができます。

貸倉庫は用途に合わせて適切な物を選ぼう!

ダンボール

貸倉庫の料金相場

貸倉庫の月額料金は種類やサイズによっても異なりますが、一般的な相場の目安は2,000円~50,000円程度になります。価格の基準は、貸倉庫のサイズやスペース、立地や保管環境、運搬サービスなどの有無によって決まります。